誘惑の第10話!チェ・ジウの見所とあらすじまとめ!【韓国ドラマ】

2014-09-14_130838皆さんこんにちは。

今日も昨日に引き続き真夏の暑さですね。

体調管理に気をつけてください。

衣替えをしてしまい後悔している『七福』です。

 

こちらはK-POPのアーティスト・音楽グループ,

韓国ドラマ、韓流芸能などを映像・動画を交えて

管理人『七福』の気の向くままにご紹介していく

ブログです。

 

Sponsored Link

 

本日お届けしますのは、

引き続き韓国ドラマ 誘惑 です。

先回の第9話までの内容は、下のバーナーの中にまとめてあります。

2014-09-22_155549

 

ストーリーがよく分からない方、見所がよく分からない方などは、

先ずこちらからご覧頂くことをお薦めします。

2015-03-17_141353

2014-10-23_123116

それではいつもどおり、

韓国SBSテレビHPより第10話イントロ動画をどうぞ。

 

유혹 10회動画

 

チェ・ジウ(セヨン)の見所!

第10話のあらすじは下のほうでご説明しますので、

先ずは今回のチェ・ジウ(セヨン)の見所からご紹介いたします。

 

 見所1 56日ぶりにブラジルから帰国したソクフンと再会する場面!

ドンソングループのセヨンはアイスクリーム事業を中国で展開しようとしていた矢先に、

アジングループ・カン社長がMホテル・ドゥ社長との提携により

中国での出店攻勢をかけ窮地に追い込まれます。

筆頭株主である父親からも

このままアジングループとの競争を続けたら代表の立場を解任せざるを得ないと忠告を受けますが、

聞く耳を持ちません。そんな矢先にソクフンとの再会となりました。

2014-09-30_132122

私がこの場面を見所1に選びましたのは、

このソクフンとの再会を機にセヨンの会社もセヨン自身も大きく舵を切る事となるからです。

ではなぜ、大きく舵を切ることが見所なのでしょうか?

 

それは、前回9話においてセヨンは変数という言葉を使って表現していましたが、

変数を掛けると人も変わるし、会社を変わるという意味です。

これをカン社長はセヨンにとっての変数はソクフンだろう!と詰め寄る場面がありますが、

まさにされが実証された形となったからです。

 

先ずはアイスクリーム事業ですが、

とりあえず海外進出を止めて国内シェアの拡大に舵を切るようにソクフンが提案します。

初めは固持していたセヨンでしたが、次第にソクフンの提案に従っていきます。

2014-09-30_140819

誰が言っても聞く耳を持たなかったセヨンでしたが、

人生で初めて心許せる存在となっていたソクフンだったから、

自分の考えも曲げられたのだと思います。

勿論、今までもMホテル買収を成功させた実績があったことも考慮してでしょうが。

 

ソクフンが帰国してセヨンの会社に就職した事を知ったカン社長は、

ソクフンを罠に掛けるかとが出来たと思ったことでしょう。

しかし、ソクフンは冷静でした。

アイスクリーム事業の方針を機敏に転換することにより、

会社の危機を救っただけでなくカン社長の挑発を上手にかわすことが出来ました。

Sponsored Link


これを知ったカン社長は、

”どうせ好きな男が出来たからその男の言うことにしたがっているんだろう~”

と嫌みを言うしか術がありませんでした。

 

ソクフンが帰国する前のセヨンとカン社長の会談では、

血を見るまで戦い続けると言い張っていたセヨンの心の変わり様に、

カン社長も改めてソクフンの手ごわさを感じたことでしょう。

2014-09-30_142211

そして、セヨン自身も大きく舵を切ったと思えるようになったのは、

ソクフンの気持ちがはっきりと確認出来たでからです。

ソクフンを56日間待ち続けたセヨンは、

この間一度も電話もくれずに待つ人の身になって考えたことあるの?と尋ねます。

するとソクフンは、セヨンに電話すると帰りたくなるので我慢したんだ。

「セヨンの56日は俺の560日だった」

という言葉にソクフンの自分に対する思いが本物であることを知り、

恋愛に奥手のセヨンですからその場は嬉しくない振りをしていますが、

内心はとても喜んでいたのだと思います。

 

そして投資銀行チャン社長主催の同伴パーティーのエスコートを、

ソクフンが申し出た時も嬉しくない振りをしてみたり、

父親にあげようと思って買った時計なんだけどと言ってずっと前から準備していた腕時計をプレゼントしたりと、

回りくどいやり方ではありますが、確実に2人の距離が縮まっていますし、

セヨンもソクフンとの関係において積極的な行動をとっていこうとする変化が感いられるきっかけとなりました。

 

2014-09-30_154232

 

見所2 同伴パーティーでカン社長とホンジュのペアに出会う場面!

新商品の開発の為の資金援助をお願いする為に投資銀行のチャン社長主催のパーティーに

参加するセヨンとソクフンでしたが、

そのことを知っていたカン社長はわざとホンジュにパーティーの同伴をお願いします。

何も知らないソクフンとホンジュはパーティーの席で鉢合わせになります。

一旦は退席しようとしたホンジュでしたがカン社長に説得されて又戻って来るのでした。

2014-09-30_154715

私がこの場面を見所2に選びましたのは、

これからのこのドラマ展開の構図がはっきりしてきた点と、

カン社長の後押しでホンジュがセヨンに対して復讐を開始した点にあります。

 

ではなぜ、今後のドラマ展開の構図がはっきりしてきた点と、

ホンジュがセヨンに対して復讐を開始した点が見所になるのでしょうか?

 

それはカン社長とホンジュの思惑が完全に一致した点にあります。

Mホテル買収の邪魔をされたカン社長は復讐のチャンスを狙っています。

そこに現れたホンジュは、ソクフンに対して同情する思いはあったとしても

絶対にセヨンのことは許せないとカン社長に告白します。

これを聞いたカン社長はこのホンジュを利用できると思ったことでしょう。

2014-09-30_154638

知らぬ振りをして、同伴パーティーにホンジュを誘い、

わざとソクフン・セヨンペアに遭遇させます。

取り乱したホンジュは怒って退席しようとしますが、

カン社長の口車に乗せられます。

 

「いつまでも逃げてばかりの人生でなく立ち向かって行きましょう」

う言葉に勇気を貰ったホンジュは又2人の前に現れます。

いつも苦労と我慢の人生だったホンジュでしたが、

辛いといつも自分から身を引くホンジュでしたが、

憎いセヨンに怒りをぶつけていくことを決断した瞬間でした。

2014-09-30_155017

そしてホンジュにしては大胆な行動にでます。

カン社長の肘を持って席を移動しようと促します。

これを見ていたソクフンはたとえ離婚したとはいえ、

もう他人だから関心ないと強ぶったところで、

相当動揺していたことでしょう。

 

このような心理戦がカン社長の戦術です。

これによって尻尾を出した妻ジソンとも離婚に成功しています。

 

更にセヨンが融資をお願いしたいチャン社長の面前でホンジュは、

”セヨンが既婚者の男に手を出して離婚に追い込んだという噂がある”と

と垂れ込みます。

 

これに怒ったソクフンは、セヨンの手を握り、

”その噂は自分のことだと言い返します。”

 

これによって完全にソクフン・セヨン対カン社長・ホンジュの関係が確立されました。

これからどうなっていくのでしょうか?

先の展開が楽しみです。

2014-09-30_1557322014-10-21_155159
Apink記事まとめ♪

第10話あらすじ!

  • セヨンは中国に進出しようとしているアイスクリーム事業がアジングループの出店攻勢のせいで厳しい状況に陥っているとの報告を受け、父親からもこれ以上の痛手を負う前に手を引くように忠告されます。
  • 56日ぶりにブラジルから帰国したソクフンは空港からセヨンの家に直行して玄関先で帰宅するのを待ちます。そしてセヨンと再会したソクフンはセヨンの会社で再び働きたいと願い入れますがセヨンは断り自分の部屋に入っていってしまいます。
  • 臨時社員としての採用ではなく正社員として採用したいとセヨンから連絡を受けたソクフンは翌日から出社します。そしてチーム長に任命され苦戦を強いられているアイスクリーム事業の建て直しを命じられます。そしてソクフンは現時点ではアジングループとの消耗戦を避けて国内シェアの拡充に重点を置くようにとセヨンを説得します。
  • ソクフンの意見を受け入れたセヨンは、新商品の開発の為の資金援助をお願いする為に投資銀行のチャン社長主催のパーティーに参加しようとしますが、パートナー同伴のパーティーだったため一旦は諦めます。しかしソクフンがエスコートしたいと申し出たためにパーティーに出席することを決断します。しかし何とカン社長もホンジュを同伴して参加しており4人は鉢合わせすることになってしまいます。

2014-09-30_1544052014-09-30_154425

まとめ

  • セヨンはアイスクリーム事業の国内展開を強化する為に投資銀行のチャン社長のパーティーに参加しますが、そこでホンジュに出会い既婚者との不倫で離婚に追いやったと言いふらされます。
  • ソクフンはブラジルから帰国後、セヨンの会社に就職してアイスクリーム事業の建て直しに奔走します。そしてパーティーの席でホンジュがセヨンを糾弾する中、セヨンをかばいます。
  • カン社長は、Mホテル買収の仕返しとしてホンジュを上手く利用して揺さぶりを掛けてきます。そしてこれを機に二人の仲を密にして願わくばホンジュとの再婚を狙っているようです。
  • ホンジュは、もうこれ以上セヨンから逃げることをせずカン社長に力を借りて復讐を決断します。しかしここで作った借りが仇にならないといいのですが。

 

Sponsored Link

こちらの関連記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ